back to TOP

admin |  RSS
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
考え事はトイレでタバコ吸いながらーが一番思いつく、そんな日。どもども SIGNです。

先日は延期してしまい申し訳ない。
どうしても考えが纏まらなかったのです。・・・そこ WarFrameやってただけじゃんとか言わない。その通りだから(

さてさて、今回は頂いたネタの二つ目 PSO2の世界観考察で行きたいと 思っているのですが、あー・・・なんというのでしょうか。
マトモに書ける気がしません。と言うか書けませんでした。
ですが、ただそのままギブアップ! と流してしまっては折角頂いたのに不義理が過ぎる ということで、
「私流に、かつ うろ覚え知識で」世界観考察を書かせていただきたいと思います。
うろ覚え知識とか意味無い気もするけれども。

さて、ご覧になる前の注意となりますが、うろ覚えとは言え多くのネタバレを含みます。
バレしたくない方はゴーバック。構わない方はイディーカムニエー。


ソレすらも書けなかったよ!!


追記 今回、悩みすぎて大分暴走しておりますので、生暖かい目と寛大な心をお持ちの上、御覧ください

と、言うわけでごめんなさい 悩みに悩んで正直真面目に何も浮かばなかった!
なんというか小論文とか思い出しましたねぇ…。一番苦手な分野だ…。

書こうと思っても書けず下書きが真っ白なまま。正直他のことの手も止まってしまうレベルだったので ごめんなさいギブアップ宣言させてください。
思いっきり不義理だね!ww自分で書いた事が思いっきり帰ってきたよ!w

っと・・・あー いや本当に申し訳なく思います。
次はもう少し楽めだといいなぁ…w


さてはて、それで終わってしまっては、1回お休み入れた割にはあっさりだなー と感じましたので、思いついたことを 書こうと思っていたソレだけを まとめず点々と。

1 アークスの目的について
これってどこかで明かされましたっけ?正直今の所私目線だと、惑星に降り立っては現地の生物建造物器物を壊しまくるインベーダーにしか見えないのですよね。
大目標が、ダーカーに対する調査 防衛 殲滅と言うのはなんとなく分かるのですが。
そういえば確か凶暴化した生物を止め、調査する と言った物だったかな?。
そして凶暴化の度合いが酷いと、殺すしか無いともあった気がします。確かヒ・ロガ戦だったかな?

詰まる所、あくまで対ダーカー ではあるのだろうか?ソレにしてはやっていることが派手な気もするが。それともそれほどダーカーによる侵食が激しいのだろうか。

そもそも、ダーカーと対立している理由はなんなのだろうか。ゲームが始まった時点で、ダーカー群 接触から時が立っているのか、ダーカーの上位格と交戦記録があったり封印していたりする。
初遭遇から、攻撃を受けたのだろうか。それともこちらから攻的接触をしたのならば…。
果たしてどうなのでしょうか。なんにせよ 現時点で敵対者であることには変わりなさそうです。

ここまで書いて、昔どこかで読んだゾンビ物の物語を思い出しました。
ゾンビには独自のコミニュケーション法があり、彼らは幸せであり、彼らが人間を襲うのはソレを伝えようと、更には同じ幸福をあげたいという献身のソレであった。だけど人間はソレを知らず気付かず彼らを殺す。
最後は主人公の友人が幸福を知り、自らゾンビになろうとしたが時遅く、ゾンビは駆逐された後だった。という感じだったと思います。考えさせられますよね。
ダーカーもそんな感じだったりしませんかね?

2 オラクル船団
オラクル船団って なんなのでしょうね。っとと、漠然としすぎましたね。
まず、オラクル船団とはアークスシップと呼ばれる宇宙船と旗艦であると思われる マザーシップ・・・だったかな?後は大小の宇宙船を含めた名称…だったはず。
では何故、オラクル船団を作り上げたのだろうか。その目的は果たして一体?。

まず思いつくのが先にも述べた対ダーカー。そしてその背後に居るとされる…名前なんだったかな 何か暗黒の雲とか 果てしなき黒とかドゥドゥとかパワーをメテオにとかだった気がする。
それの討伐 ないし封印 若しくは講和?が目的だとする。母星ないし、中堅地点で建造され、その目的を達するために旅をしている。


あれ、もしかしてソレが目的か?否定材料が今一浮かばなかった。ううむ難しい。
ふむ?では大目標が まっくろくろすけさん(仮称)なのだろうか?
で。PSO2 オラクル船団では、それに連なるかも知れない敵対生物ダーカーと交戦をしている…?


あれですね、やっぱり私には考察は辛いです。バカには辛いですな。こういうのは頭の回るMKさんとかにお任せしていればいいのです。
彼女の場合「どうでもいいドン」 とか言いそうですが。
ついでに「とりあえずわからないから倒せるものは倒してから考えようず」とか あ 後者は私の言いそうなことだ。
とまぁ、こんな感じのグダグダ具合で、考察(そのつもり)を終えようと思います。
ネタをくださったVさん本当に申し訳ない。
ついでに残るネタの小説の方もこんな感じになりそうで怖いです。

ではでは、今回はこんな所で。
お疲れさまですよー。
スポンサーサイト
COMMENT FORM
URL:
comment:
password:
Trackback
トラックバックURL: http://23mk2sign.blog.fc2.com/tb.php/130-9fc33d40
Template by :FRAZ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。